下元彰子

Shimomoto Akiko

  • 東京大学を卒業後、全日本空輸㈱、一般社団法人国際教育交換協議会(CIEE Japan)、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)等で企画、プロジェクトマネジメント、品質管理、社内外教育等に従事し、個人・法人の海外への挑戦をサポートする種々の業務に携わる。
    2021年に当社に入社し、教育デザイナーとしてグローバル人材育成の教育動画コンテンツの企画・制作を担当。

教育デザインDiv. Leader

Q1.

インサイトアカデミーではどのような仕事をしていますか?

グローバル人材育成の教育デザイナーとして、eラーニングの動画コンテンツの企画・制作を担当しています。具体的には、講座内容の企画から講師のキャスティング、講師と推敲を重ねながらの内容の作り込み、収録の立ち合い、編集後動画のチェック、公開作業まで、一気通貫で担当しています。
インサイトアカデミーでは、グローバルビジネスのプロフェッショナルの知見を基にグローバル人材に必要な要件を定義しています。この要件を網羅し、さらに顧客ニーズを反映したテーマの講座を、分かり易く、講師の経験が活き活きと伝わるようデザインしていくことが教育デザイナーの仕事です。

Q2.

仕事の魅力を教えてください

個人のネットワークではなかなかリーチできないような、グローバルビジネスの第一線で活躍された講師の方々と直接お話しする機会をいただけること、それが何よりの魅力です。
講座の中身は講師のご知見に基づくものですが、それをどのように見せていくかデザインするには、一程度の知識のインプットが必要です。インプットの過程で分からなかったこと、実践の場ではどうなっているのか知りたいと思ったことを直に講師に質問できますし、そういった講師とのやりとりを講座作りに反映できるのは、この仕事の醍醐味だと感じます。
講座作りを通して自分の知識も増やせる、教育デザイン職の役得です!

Q3.

インサイトアカデミーはどのような会社ですか

同じベクトルを向いて助け合いながら進める組織、だと思います。 入社直後に感じたのは、チーム内だけでなく、組織横断のコミュニケーションも活発で、全体のパフォーマンスを上げるための協力や知識・情報の共有が自然体で行われている気持ちの良い組織だな、ということでした。気持ちの良い雰囲気を感じる別の理由としては、お互いのパフォーマンスへの信頼感もあるのではないかと感じています。「みんな頑張っているから自分も貢献したい」、「助けてもらったから今度は自分が役に立ちたい」、という、健全なモチベーションを持てることは、私にとってインサイトアカデミーの魅力の1つです。

Q4.

応募者へメッセージをお願いします

私は、これまで仕事と家庭のバランスに悩むキャリアを送ってきました。私の場合は家庭との両立でしたが、家庭だけでなく何かと仕事との両立を図りたい方、インサイトアカデミーには、「どちらもあきらめたくない」を叶えやすい環境が整っていると思います。
チャレンジしようとする意志、パフォーマンスを上げるための努力は当然ながら必要ですが、自分がしっかり仕事に向き合えば、伴走してくれる仲間がいます。 チームワークで何かを作り上げていくことが好きな方、新しいことへのチャレンジにワクワク感を持てる方、お待ちしています!